英単語覚え方-とんでもない失敗談

 

この記事を読み始める皆さんは共通の目的があったから来られましたね?

 

皆さんの目的

1)英単語覚え方を分かって,

2)方法の通りに実践して見て、

3)頭に英単語をいっぱい覚えて入れて、

4)主に英会話で使うか試験で使うか等ですね。

 

 

確かに英単語覚え方は有ります。其れも様々な活動が存在します。

どれも効果は有ります。差はどっちを選ぶかによって短期間で多いに英単語を覚えるか長期間にゆっくり感じで覚えるかだけです。

 

プロフィールをご覧いただいた方はご存知だと思いますけど私はエンジニア出身で正式な英語教育を受けたことがないです。ま~ 今しゃべってる日本語も一緒ですけれどね。

なので色んなやり方でやって見て、失敗したり、試行錯誤を通して短期間で多くの言葉の覚え方が分かりました。

 

 

英単語覚え方にて失敗談(1)


自分でやって見た英語単語の覚える方法のうち一番悪かったのが辞書を食べる方法です。

英単語覚え方

 

大学受験を受ける前に個人の図書館で一生懸命ノートに英語単語を書きながら覚えました。

問題は頑張って覚えた英単語をスグ忘れちゃって本当にビッグ悩みでした。

図書館に通った勉強がちょっと僕よりうまかった先輩がある日アドバイスをさっと公開してくれました。

 

“英語辞書から調べた単語に太くて赤いペンで下線を引いてからその辞書の紙を破って、丸めてしわくちゃにするんだ! それをそのまま口に入れて食べて水を飲んで置いたらその英単語を絶対忘れへん!”

 

僕はそれを信じるほどバカじゃなかった。

ただ楽しい冗談の1つだった。

でもね人間って弱い存在ですよ。その頃は英単語を覚えれれば何でもする状況だったのでついやってしまいました。

味は紙の味がして、多分印刷の味もあったと思います。チョッピリ硬かったから噛みにくいでした、ちょっと吐きそうだったけどがまんして飲み込みました。

その英単語は間も無く忘れました、そんな騒ぎがあってもね。。ただ長年がたってもその英単語の味だけは絶対忘れません。

 

ああ。ページ丸ごと食べたから他の英語単語はどうしよう。。

 

 

 

英単語覚え方にて失敗談(2)


自分がやった事の中で二番目に悪かった英語単語覚え方法は英語辞書の1ページから順序で覚えること。

 

これも個人の図書館で覚えてない誰かが、多分これも上の先輩がオススメしたかもしれませんけど。

 

英語辞書を開いてA, a, aa, ah等からスタートしてz, zoo, zzz等までいちいち順序で覚えて行く素晴らしいプロジェクトでした。

このやり方も最初からトンデモナイことだと思いましたけど、一部納得したのは英語辞書の中で存在する数十万の英単語の中であちこち点々に、1つづつ言葉を探すより直接に英単語全てこなして行くのが魅力的に聞こえました。

 

Aから始まるページをめくりました。Aの意味を読んで見ました。”A is the first letter of the English alphabet”と書いております。うん。なるほど!その以外のももっとAの意味が書いています。丁寧に読んであげます。次aとanが出ます。これは長いな!およそ30分掛かってじっくり読んであげます。

次aahか。くっそ順序でこなしていこうと思ったのに!

See ahと書いて有ります。どうしよう。無視しようか? くっそでも気になる!

 

数日間こんな感じで英単語の勉強をしましたが、続けられなかったです。すごくしんどくて何よりも大学受験にでなさそうな英単語も覚えたからバカなことだと判断しました。

 

 

皆さんもこういう経験は有りませんか?


思えば覚え方が悪かったけどそういう過程が有ったから今のレベルになったと思います。

誰でも最初から完璧な覚え方を実践するのは非常に難しと思います。

いい方法を知っていても自分に合わない場合も有り、後回しする場合も有る。

なので自分にちょうど合う英単語覚え方が分かるまで有る程度迷うのも意味が無いとも言えませんね。

 

最後まで読んでいただいて有難うございました。

 

次は英単語覚え方についてドンドン色んな話しします。お楽しみに。

 

 

 

 

 

トップページへ

 

英語小説へ

 

韓国語小説へ

 

中国語小説へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です